『THE TAKING OF PELHAM 123』Japan Press Conference Report!!/『サブウェイ123 激突』デンゼル・ワシントン来日会見レポート!!

logonewother.gif

"THE TAKING OF PELHAM 123"Japan Press Conference Report


2009年8月20日、ザ・リッツ・カールトン東京にてデンゼル・ワシントンさんの来日記者会見が行われました。

個人的に、大・感・動!!!!!だった、会見の模様をレポいたします!!!!!
デンゼルさん最高〜〜〜〜〜〜〜〜!!!(Photo&Report by Yumiko Murata)


はぁぁぁぁーーーーーーー・・・・(感嘆)



・・・やばすぎました!!!!!!!涙



何をこんなに感激してしまったかというと・・・レポしちゃいますっ!!!!



今日は、通常の会見より小さめのミニ会見でした。
会場もせまめで、一列目に座れた私からデンゼル・ワシントンさんまで、
彼の座る机をはさみ、その距離・・・およそ2メートル弱。

近い・・・
近すぎる!!!!!



そして、海外からの電話取材に応えていたため、少し遅れてワシントンさんが登場。
DSC_0047.JPG

超・優しそう・・・!!!!

作品とは違い(当たり前・・・)、おだやかなオーラが溢れ出て、ダンディさ全開です!!!

いつものようにみんなが質問しながら会見は進行。
そして、とある女性記者さんの番に。
その方は、私と同じ一列目に座っていました。

マイクを受け取り話し始めるも、緊張で、たくさんつかえて話せなくなっちゃう記者さん・・・;;



『すみません・・・;;緊張して話せない・・・
あなたの大ファンなんです・・・。本当にすみません・・・;;』



場内はほっこりとした空気に。
本当に本当に大好きなのが伝わってくるんです!!!

「きっと、ものすごくファンで、いつかこうして質問できることを夢見てがんばってきたんだ・・・!!」
と勝手に自分を重ねあわせて推測し、泣きそうになる私。笑

必死に質問を続けるその姿に、記者のみなさんからも思わずあたたかな拍手が!!
がんばれ〜!!!!!!!!!!

やはり泣きそうな私。
だって、超・超・超、その気持ちわかります!!!!!!!!!;;;;

私も「ロード・オブ・ザ・リング」にハマって人生が変わって以来、
「いつかオーランド・ブルームさんと直接言葉を交わしたい!!!!」と、
あんなほうこんなほうや世界中を追っかけ回したあげくに
今、こうして記者の仕事をしているのです・・・。

もしも、あの記者さんと同じ立場にいたら・・・私もきっとこうなる!!!!!!!!



記者さんは、やっとの思いで言い終えるも、質問内容はちょっとグダグダに^^;
でも、なんだかとってもあたたかい気持ちに。

本当に、「好き」っていうそのピュアな、たったふたつの文字が作り出すパワー、
素晴らしい!!!!!!!!!!!;;

すると・・・

DSC_0002.JPG

デンゼルさんが立ち上がって彼女の元へ向かったのです。

そして・・・・・・





ぎゅぅぅぅ〜〜〜・・・・・☆☆☆☆☆




ハグHugハグ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!
しかもかなり長く&優しく!!!!!!!!!

キャアアアアアアアア(大 興 奮)
やばい!!!!涙が!!!!!!!!!!!!

だって、目の前で映画を見てるみたいだよぉおおおおお!!!!!!!!!!!!

『Thank you〜!!!ありがとうございます〜〜〜!!;;』と、もはや涙涙の記者さん。
やばい・・・私も涙が・・・(暴走)



「結局、質問なんだったっけ・・・?(笑)」というデンゼルさんにまたまたほっこり。

本作では、今まで変わった立場の役柄を立て続けに演じてきたこともあり、
とにかく普通の職業の人を演じたかったそうです。

DSC_0016.JPG

「普通の男性が、たった1本の電話からまきこまれてゆく所が面白い。
これは、どんな人にも、『もしも何かが与えられたら何かできるかもしれない』という
メッセージなのかもしれないね」

DSC_0057.JPG

今作の監督は、あのトム・クルーズさんの「トップガン」や
「ビバリーヒルズ・コップ2」、そして「エネミー・オブ・アメリカ」などの超ヒット作を生み出した巨匠・
トニー・スコット監督によるもの!!

デンゼルさんはスコット監督を「素晴らしいパイロット」と表現していました。
「『パイロットが信頼できないのなら飛ぶな』というけれど、僕は彼を信頼しているんだ」

そして「人生は短いもの。僕は人生を楽しみたい。映画作りも楽しみたい。それこそがGood Experienceだね!」

「すべてを楽しむこと」・・・素晴らしいメッセージではないですか!!!!!!!!!!涙



こうして、楽しく会見は終了しました〜〜〜!!

そして帰り道にて、さっきの記者さんを発見し、思わず話しかける私。笑

『超感動しました!!!;;私も大好きな俳優さんがいて、気持ちすごいわかります!!;;
本当におめでとうございます!!!』
すると、その方と一緒にいた記者さんに『おめでとうって、結婚か!笑』とツッコまれる。笑

そして、話してくれる。
私『オーランド・ブルームさんが大好きなんです・・・』
記者さん『そうなんですか!!私も9年間待ってたんですよ・・・』

そうなんです。ワシントンさんは、日本に9年ぶりの来日だったのだ!!!

もう涙が出そうになりながら『本当によかったですね』と言うと、
『はい!!オーリー、がんばってくださいね!!』と言ってくださった!!!!;;;;

かーーーんーーげーーーきーーーーーーーーーーーですーーーーーー!!!!!!;;



はぁぁ・・・。

Dreams coming true!
まさにこの目で見てしまった・・・。

やはり気持ちは届くのですね!!!!
超〜幸せな気持ちでいっぱいな私。

デンゼルさんは優しいしかっこいいし、映画はめちゃくちゃ面白そうだし、
このまさに「THE・映画」なサスペンス・アクション、見逃すわけにはいきません!!!!!
DSC_0036.JPG

「サブウェイ123 激突」は、9月4日(金)より全国ロードショー!!!

pelham_123_2.jpg

公式サイトはこちらから!!
http://www.sonypictures.jp/movies/thetakingofpelham123/