『Public Enemies』Japan Press Conference Report!!/『パブリック・エネミーズ』ジョニー・デップ来日記者会見レポート!!

logonewother.gif

"Public Enemies"Japan Press Conference Report


2009年12月8日、ジョニー・デップが最新作『パブリック・エネミーズ』のため2年ぶり・6度目の来日を果たしました!!
そして本日9日、六本木のグランドハイアット東京にて来日記者会見が行われました!

んまああああもう・・・本当にかっこいいです。もう何度見てもあかんです。

とにもかくにもレポします!!!ジョニーファンの皆様お待たせしましたっっっ!!!(Photo&Report by Yumiko Murata)

わたくし、これでジョニーに会う・・・・・

・・・と言わせてください(暴走)

・・・は、4回目でございますが
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』『ワールド・エンド』LAプレミア前回の来日)、
もう、やっぱりまた確信しました。

ジョニー・デップは、その存在だけですべてが成立している


・・・というわけでレポスタート!!!



会見は、だいたい大きくて素敵なホテルで行われることが多いわけなのですが、
こう、やっぱりスターによって報道陣の数にバラつきがあるわけです。
成田空港お出迎えしちゃう方はきっとすぐ感覚がわかると思うのですが、ジョニーなんかはもう、
どんな来日スターよりもレベルが違う人の集まり具合なわけ!!!

よって、本日の会見もものすごい人!人!!!普段取材しない媒体さんもみんな来ちゃった?みたいな勢い!!!!
改めてジョニーの凄さを実感。

写真撮影ルームでも、なんと2つも舞台が用意される、という!!!
jdpe01.jpg

いろいろ取材してきたけど、こんなのはじめて見たよ!!!!!
カメラマンの数が多すぎるわけです!!!

これからここに来る・・・ドキドキ・・・
jdpe02.jpg

ジョニーが凄いのは、こうして実際に人の足を動かすことだと思うのです。

毎日、自分の人生がある中で、実際に時間を割いて足を運ぶところまで人を動かすというのはものすごいことだと思うのです。
しかもみんな嬉々としてやってきている!!笑
「ジョニーに会えるなら行く〜〜〜〜♪」って!!

みんななるよね!? 
少なくとも私はなっている!!!!!!

ほんとすごいと思う。どんなに媚びて来てくださいって言っても来ないモノだってある中、
「ジョニーに会うならいくらでも時間作る!」っていう人がこんなにもいること。
そして誰にもわけへだてなく接して、会いに来た人みんなが「会いに来て良かった!!」って笑顔で帰ってゆく。

ジョニーは世界を動かしている。
だけど、本人はあくまで自分の感覚を信じて人生を突き進んできている。だから偉ぶらず、おごらず、ファンにとっても優しい。
そんなところからもあのオーラは出るんだなあ・・・
やっぱり自分を信じることが大事、そして愛なんだと教えてくれるよなあ・・・

まだ姿も見てないのにもはや泣きそうだよジョニー・・・
ありがとうジョニー・・・
ありがとうジョニーを生んでくれたジョニーのママ・・・

・・・とか思いつつ待つこと10数分。

そう、少々押しておりました。
でもそんなのいくらでも待つ待つ〜〜〜〜♪♪(完全にグルーピー的心理)


そして・・・ついに!!!!
jdpe03.jpg

ジョニー登場!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

jdpe04.jpg

まあいつものごとく最初は私のカメラも彼のオーラにやられてしまって姿がとらえられないワケ!!!!(だから腕の問題)

そして・・・
jdpe05.jpg
jdpe06.jpg
jdpe07.jpg

2つ用意された舞台の向かって右側からご登壇される神
同時にオーラを少しセーブしてくださる神のおかげでやっとブレがおさまる(妄想暴走)
jdpe08.jpg

い・・・・・
jdpe09.jpg

イケメンすぎる


もうここはこの安い「イケメン」という言葉で敢えて言わせて頂きたい。
たとえジョニーが御年46歳(2009年現在)であろうと関係ない。

こんな彼氏が欲しい。(大暴走)

昨今のいろんなイケメンブームとかもう鼻で笑ってしまうわ。(大暴言)

オーラが違う。
オーラが違うぅううううううっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
jdpe10.jpg

かっこよすぎてよりかっこいい風に演出して撮ってしまう私
jdpe12.jpg

ああ・・・もう立っているだけで映画・・・
jdpe11.jpg

・・・とか私は思っているわけなのですが、当のジョニーは
「こうやって立ってればいいのかな・・・?」みたいにとにかく撮られていて身動きもできない感じ。
(そのためこの↑写真もちょっと小学校の入学式的な空気が漂っているという・・・笑)

目線を配ってみるジョニー
jdpe13.jpg

ちょっぴりモデル立ち風味なジョニー
jdpe15.jpg

ドキューーーーーン!!!!!!!!!!!
jdpe16.jpg

笑顔攻撃!!!!

手をふりふり
jdpe17.jpg

あっちにも
jdpe19.jpg

こっちにも
jdpe20.jpg

・・・って、もう、この手を振ってる感じとか・・・

どこの王子かと。

あなたはどこの国の王子だ?と。

もはやかっこよすぎて罪。かっこよすぎるという罪ですね。はぁ・・・・(感嘆のため息)

なにやらご説明されているジョニー
jdpe21.jpg

なんだかうれしそうなジョニー
jdpe22.jpg


はぁ・・・


かっこよるぎるよ〜〜〜〜〜
どうしたらいいの〜〜〜〜〜

もう涙出るわ〜〜〜〜!!!
jdpe23.jpg

こうして王子は隣国へと旅立ってゆかれたのであった・・・(再び妄想暴走)
jdpe24.jpg
jdpe25.jpg

隣国にて謁見を行われるジョニー様
jdpe26.jpg

引きな感じで
jdpe27.jpg

もうなんでもかっこいい
jdpe28.jpg

お手をふりふり
jdpe29.jpg

こうして写真撮影は終了したのであった・・・
jdpe30.jpg

・・・もちろん!!!

舞台を降りる寸前はあのポーズで感謝を!!!
jdpe31.jpg


もうとにかくかっこよすぎたということがおわかりいただければ本望でございます。ありがとうジョニー・・・涙

続きまして、会見スタートでございます!!!
中はこんな感じなのですが
jdpe32.jpg

しゃべっている間の写真撮影は禁止なのです。ので、まだ公開していない写真を混ぜつつお送り致します!



今回の『パブリック・エネミーズ』という作品。
1930年代にアメリカにほんとにいた銀行強盗のジョン・デリンジャーさんをジョニーが演じているのですが、
ジョン・デリンジャーさんは

ジョニー「小さな罪で長年を刑務所で過ごしたため、刑務所が学校のようだったんだ」

ということ。

刑務所を出てからは鮮やかに銀行強盗をするも、「汚れた金しか奪わない」「仲間は決して裏切らない」「愛した女は最後まで守る」
というようなポリシーをきっちり守って、ある意味大恐慌時代の人々の味方だった。ヒーローだった。

ジ「デリンジャーはとってもカリスマだった。意志が強く、妥協することをしない。彼は、彼のやり方(His way)を貫き通した」
jdpe36.jpg

もともと"実話”に弱い私は(「こんな人生を歩んだ人が本当にいたなんて!!」と思ってしまう)、
この時点で「絶対見に行こう」と決意いたしました。

ジ「リサーチをしていく中で、彼(デリンジャー)と僕は生まれた場所が近いことがわかった。 
  リサーチをすればするほど近いものを感じた。
  僕だってデリンジャーのようになっていたかもしれない。ただ人生のCardが違っただけだ」
jdpe14.jpg

ここで、記者さんに「あなたにとっての敵(エネミーズ)は?」と聞かれたジョニーは、

「自分だよ」

と答えました。
jdpe35.jpg

「自分の中に敵がいる。
 自分の限界を自分で作ってしまうこと。
 妥協してしまうこと」

それこそが敵だ、と語るジョニー。

本当にその通りです。
いろんなことを妥協するのも、何かやりたいことがあっても「自分にはできない」と限界を作ってしまうのも、全て自分。
それと戦い、超えてゆける人こそが本当に強い人なのかもしれません。

さらに「最近感じたドラマチックな出来事は?」と聞かれたジョニーは、

「TVで流れていることはドラマチックかもしれない。まるでホラーのようで・・・。
 TVを見るたびに、"子供たちを恐怖から守ってあげたい"・・・そう感じているよ」

真剣な顔で、こう答えていました。



どんなに3面記事的な質問にも、真剣に真剣に答えるジョニー。めんどくさがることもなく・・・
もちろん「それが仕事だ」と言えばそれまでかもしれません。
だけど、そういう気持ちで答えている人の空気って、いろんな取材をしている記者さん達にはわかってしまうもんなのです。

今日は、終わったあとにわりと年配のおじさまが、
「ものすごい真剣に答えてたね・・・あれは感心した」とつぶやいていたのが印象的でした。

言葉にしなくても、空気で伝わることというのがある。

ジョニーは、作品選びなどでいろいろなことを言われたりしているけれど、
きっとその都度、本当に真剣な気持ちで出演作を決めているのだろうと思います。
(もちろん、どんな俳優さんだってそうだと思うけれど・・・)

だから、たとえどんなにハズれたことをしても、いろんなことがついてくる。
富も、名声も、かっこよさも。

世の中のたくさんの人が欲しくて欲しくて四苦八苦しているモノのすべてを持っているようなジョニーは、
いちばん「ふつうにすてきな感覚」を持っている人なんだな、と、見るたびに思うのです。

自分を応援してくれるファンのことをとても大切にし、
質問してくれた記者さんには最後まで「ありがとう、ありがとう」とくり返し、
自分の心の声に正直に、日々のやりたいことや未来を選び、
そして全ての瞬間に全力投球している。

そのすべてがオーラとなって溢れ出ている。
まさしく「人間性」というやつです。

いくらかっこよくても、かっこいいだけじゃダメなんだということを、ファンのみなさんこそが、一番よくわかっているのだと思うのです。

なぜ、ジョニーがかっこいいのか。
「世界一セクシー」とか言われちゃうのか。

「かっこいい」という5文字の中に、ものすごくたくさんのものが詰まっているのだと思うのです。



明日は、ジャパンプレミア!!!
jdpe34.jpg

もうこんな風に準備が進んでいました〜〜〜!
舞台もあったよ〜〜〜
jdpe33.jpg

楽しみだね!!

「パブリック・エネミーズ」は大ヒット公開中!!!


公式サイトはこちらから!
http://www.public-enemy1.com